Very Limited Stock EXEDY Clutch Kit Super Campaign
- Musical instruments - Hobby and culture - bidJDM

    • This auction has ended.

Condition: used
ItemID: w164170625
Time left:

Auction Ended

Bidders: 37
Ends on: Jan 12, 2017 11:53:04 PM JST
Highest Bidder
I*E*y***
Location: Kanagawa prefecture
Start Price
¥1 JPY
Bid Unit
¥1,000 JPY
Buyout Price
¥199,800 JPY
Start Time
Jan 11, 2017 2:43:04 AM JST
End Time
Jan 12, 2017 11:53:04 PM JST
Time left
0 Seconds

Details

※来ました!!!完全限定1本なのに、 1円スタート売り切り!!! 急げ!!!! 普段は、 ヴィンテージコンデンサーを販売しているのですが、 最近、 非常に良いギターが入ってきちゃったんです... それは... ///////////////// その前に... これから過激な内容が含まれるので、 今まで、 ずっと現行品のビッグネームギターを購入してきた方は、 お読みにならない方が良いかもしれません。 もし、 以降の文章を読むのであれば、 ちょっと覚悟してくださいね。 ///////// それでは、 書きます。 私は、 長野県出身ということもあり、 当時の国産ヴィンテージのギターたちには、 ずっと前から大好きで、 ヴィンテージコンデンサーと出会う前から、 信じられないくらい買い漁った時期があったのですが、 (当時の職人さんに会いに行くくらいの発狂ぶり) 特に、 GRECOを製作していた、 FUJIGENや、 MATUMOKUあたりの、 木材のつくりの良さったら、 最高ったら、ありゃしませんよね。 多分、 国産ヴィンテージを愛する方なら、 わかってくださると思いますが、 現在、 多くのビッグネームメーカーたちは、 大量生産による、 コスト削減を行い、 金額だけはバカ高いのに、 いざ木材を見てみれば、 あれ? こんなに安っぽい木を使っていて良いの? と思うものばかり。 だって、 数十万、百数十万しちゃうやつもあるんですよ。 カスタムショップ製と名前がついたら... 十数万クラスのものでさえ、 今じゃ中国製が増えてきてしまいました。 けれど、 サウンドを聴いたら、 【悪くはないんだけど...】 私のコンデンサーを取り付け依頼をされる方、 (それがプロのミュージシャンであっても) 現行品のビッグネームギターのサウンドは、 値段に反比例して、 日本人特有の、 【名前があるから買う】 という、 悪循環に陥ってしまいます。 でも、 私たちが歩いてきた、 歴史を振り返ってみると... /////////////////// 1970~80年代における、 エレキギターブームによって、 日本の音楽産業は、 劇的に進歩しました。 GRECO、 TOKAI、 FERNANDES、 ARIA、 ZEN-ON、 YAMAHA、 TESCO、 IBANEZ、 KAWAI... まあ、 キリがないですよね。 未だに日本人は、 現行品のビッグネームギターを夢見て、 バカ高いお金を出して、 購入し、 【ビッグネームギターだから、良い音に違いない】 【高かったんだから、良い音に違いない】 そう思って買ったギターに、 果たして、 自分自身が感動出来ているか。 心から、 「この音最高!!!!」 と胸を張って言えているか。 ぜひ、 ご自身の胸に聞いてみてください。 /////////////// 今回出会ったのは、 私の地元でもある、 長野県の、 知る人ぞ知る、 当時のギター製作会社であった、 MATUMOKU製の、 GRECO ストラトキャスターです。 しかも、 グネコロゴなので、 70年代の美味しい脂が乗った時期のものですね。 この当時の、 GRECOは、 アメリカでは、 非常に人気の高く、 日本でも、 どこの楽器屋でも、 入荷したら、 すぐに出てしまうようです。 //////////////////// 【これぞ、 国産ヴィンテージの素晴らしさたる所以!!】 何が良くて、 アメリカ人は、 現行品のビッグネームではなく、 国産ビンテージを買うのか。 これは、 まずは、 【木材の良さ】です。 考えれば安易に想像出来ることだと思いますが、 資材は、 時を経れば、 なくなっていく一方です。 そして、 その時代の職人たちは、 良い木材があれば、 自分たちの製品のですから、 競争相手に競り勝っていくために、 品質の良いものから選んで行きます。 よく、 古くから経営している楽器屋の方や、 当時の時代を駆け抜けた、 名工と呼ばれるルシアーの方に、 お話を聞く機会がありますが、 あの時代に製作していたギターに使われていた木材で、 今ギターを製作するとしたら、 軽く数倍から、 数十倍の値段がついてしまう。 もしくは、 もう、 あのランクの木材は、 手に入らない。 とさえ言っているくらいです。 (そりゃそうだよなあ... だって、見るだけで木の詰まり方が違うもん...) もう一つは、 【つくりの良さ】です。 当時の国産ヴィンテージは、 今の冷たい機械たちの上を、 レーンに乗って、 同じものを、 同じように作られた、 大量生産品ではなく、 一本一本、 当時の職人の手によって、 製作されたものばかりです。 例えば、 同じ型番のギターだったとしても、 ヘッドのシェイプを見ると、 微妙に左右の角度が違っていたりします。 これは、 当時の製材マシンの精度は、 現在の機械の方が、 精密であったとしても、 微妙な調整を行う際に、 より密接にギターと向き合った時間が多く、 その分、 手にフィットするように調整されているため、 持った瞬間に、 大量生産品のギターよりも、 熱を帯びた、 心地よい感覚を味わえるのです。 しかし... ここで、 国産ヴィンテージが、 見落としていたところがありました。 それは... 【内部配線】が甘すぎるのです。 当時の職人の方と話しても、 木材やつくりについては、 多くのことを聞けましたが、 正直、 内部配線に関しては、 全く聞くことが出来ませんでした。 【想像してみてください。】 例えばもし、 当時の 【木材】と【つくりの良さ】を持ち備えた、 古き良き、 国産ビンテージギターが、 私の扱う、 52年GIBSONレスポールに搭載されていた、 GREY TIGERや、 59年GIBSONレスポールに搭載されていた、 Bumblebeeを始め、 いにしえより伝わる、 伝説のヴィンテージコンデンサーたちと、 一体となる時が来たら... 考えるだけでニヤニヤしちゃいませんか? しかもですよ。 ただヴィンテージコンデンサーを交換するだけなら、 どこかで購入して来たやつを、 取り付けるだけで、 ある程度の音は出せちゃいます。 正直、 これだけで、 びっくりするぐらい、 ヴィンテージサウンド特有の、 あのコシのある、 生々しい輪郭を帯びたローミドルと、 ワイドレンジで、 どこまでも抜けていく豊潤なハイミドル、 ハイの先から聴こえてくる、 最高に美味しい倍音も、 簡単に手に入ります。 【でも!!!!!】 私が、 数万個のヴィンテージコンデンサーを所有し、 さらには、 そのギター特有のサウンドに合わせて、 最も相応しいコンデンサーを選定、 さらに!!!!! 1個取り付けるだけでは、 どこぞのコンポーネントギターと一緒ですから、 【めっちゃくちゃぶち込んでます。笑】 //////////////// こちらのGRECOのストラトは、 合計3個のコンデンサーをぶち込むことにより、 デフォルトでは、 到底辿りつくことが出来ない、 生々しい輪郭を帯びた、 粘り気のあるローミドルは、 さらにコシ太になり、 フロントにしても、 モコモコせず、 音が引き締まったまま、 太く伸びていき、 リアにしても、 ボリュームを上げてもキンキンせず、 甘い倍音がじゅわああ~っと伸びるようにしております。 また、 あえて、 1ボリューム1トーンにすることで、 使いやすさはさらにグレードアップ。 (ストラトのセッティングで、 正直、 私は2トーンもいらないです。 1トーンでコントロール出来た方が、 咄嗟の判断がしやすいので。) ////////////////// このサウンドメイクは、 個人依頼で承った、 多くのプロミュージシャンの方々が、 思わずため息をついた、 極上セッティングです。 歪みのノリも抜群。 こんなので美味しいリフなんて弾かれたら、 現行品のビッグネームギターじゃ、 到底及ばないです。 後悔はさせませんので、 ぜひ、 このヴィンテージコンデンサーと、 国産ヴィンテージの、 ダブルヴィンテージサウンドの威力を味わって頂きたい!!! 正直、 これは、 めちゃくちゃ時間をかけて、 試行錯誤して手に入れた、 極秘術だったのですが、 このまま、 私一人が最高だああああ!!!! と思っているよりも、 一緒に、 ニヤニヤとワクワクを味わえる、 熱き同志と、 感動を分かち合いたいので、 思い切って出品することを決意しました。 一言書きます。 【これ、マジやばいです。】 今回は、 コンデンサーのように、 在庫があるものではありません。 完全限定1本ですので、 ご決断はお早めに!!!! 私には、 リスクしかありませんが、 これぞオークション!!!! あなたさまに、 ドキドキと、 ワクワクの日々をプレゼントしたいので、 1円スタート売り切りでいっちゃいます!!! 最高の時間を、 一緒に味わいましょう!!!! それでは、 よろしくお願い致します!!!
Please wait

Please wait...

Your Session is not Valid.

Please Login

{{var product.name}}