- Main unit - Vacuum tube amplifier - Amplifier - Audio instruments - Electronics, cameras - bidJDM

    • This auction has ended.

Condition: used20
ItemID: q298099363
Time left:

Auction Ended

Bidders: 54
Ends on: Jul 15, 2019 10:24:00 PM JST
Highest Bidder
m*i*e***
Location: Aichi prefecture
Start Price
¥5,000 JPY
Bid Unit
¥1,000 JPY
Start Time
Jul 9, 2019 4:26:30 PM JST
End Time
Jul 15, 2019 10:24:00 PM JST
Time left
0 Seconds

Details

上の真空管は全てオリジナル品です。ゲッターも充分残っています。メンテ内容は◎右Chドライバー段Acバランス調整 ◎カップリングコンデンサー リークにより全数交換 ◎真空管 足ピン 腐食汚れあり全数研磨清掃 ◎各スイッチ類 ボリュウム接触不良改善のため清掃 ◎RCA入出力ピン端子のアース側、腐食汚れにより、清掃研磨 調整はノイズ 各入出力チェック、周波数特性、各動作チェック-------良好 \40.000程度の実費が掛かっています。   以上です。 長くオーディオ製品を扱いましたが、初めて聴く機器でして、どんな音が出るのかと聴きましたら、言葉が出ないくらい驚きました。今のアンプが持ち合わせていない物を全部持っています。前面にアッテネーターがあり、直接CDPの信号を入れて聴いただけでしたが、真空管で当たり前ですが、トランジスタよりも反応が早く、音楽レスポンスが半端無く、楽曲が混ざった時の、聴感上の混変調が少なく、早い反応のおかげか、ボーカル、楽曲共にスムーズに駆け抜けて行き、唖然としました。 古いクオードよりもこちらをお勧めします。比較させて頂くならば、LUXのMQ-60の中高域とエアータイトのATM-1のボトムエンドの低域を持ち合わせた、希有なアンプでした。  下を見て頂ければ判りますが、ムラード型の普通の回路、整流管を使わずトランジスタダイオード整流で手を抜いて、どう見ても良い音がする感じは全く無く、40年と言う経年を感じさせるシャーシの中身と、錆びたトランス類で、真空管のソケットも緩めで、誰が良い音がすると想像できます。 上記感想は、10年以上に渡って色々な海外製も含めてマランツ7オリジナルもマークレビンソンML-1も含めて、200台程のアンプを同じスピーカー(能率96dB ダブルウーハー 2インチドライバー ホーンツィーター)で試聴を繰り返してきたから言える、比較論です。(固有名詞を出して、比較して、上記文章でお気を悪くされた方が在りましたらお詫び致します。)私の耳にはそう聴こえました。判る方には判る価値です。赤丸の熱烈推薦品です。
-------------------------------------------------------- ■委託品  7月15日/月曜日夜10時終了です。■ --------------------------------------------------- ★お取引をスムーズにする為、新規の方のご入札は、ご遠慮頂くようお願い致します。ご入札頂いても削除させていただきます事をご了承下さい(その他こちらの判断でご入札ご遠慮頂くことがあります事を、お許し下さい) -------------------------------------------------------- ★ オークション終了時点から24時間以内の御連絡、72時間以内の支払手続完了が入札条件となります。出来ない場合は、ご入札ご遠慮下さい --------------------------------------------------- スマホでご覧に成っている方があれば、PCモードにして頂ければ、より詳細な拡大写真をご覧に成る事が出来ます。 その他オーディオ製品出させて頂いております。 http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/at160ml --------------------------------------------------------------
(2019年 6月 27日 21時 11分 追加) -------------------------------------------------- 上記 写真の間に書かせて戴いたのは、初めて聴くというのでの感想ではなく、これまでの色々な機器を聴いた経験での反復があり、そしての感想です。例えばCDPの試聴にしても、オークションと言う過程の中で、同じ物は別にして100機種以上の国内製、海外製品を聴く中での判断基準は、これまで30年以上関わった音楽経験の中からであり、クラッシックギターのチューニングの時の様な、記憶の音とSPからの音を合わせて行く過程に似ています。SPからの再生音で云うと、どんな音にも基音がありそれに伴う倍音の広がりと消え方、(生楽器のシンバルを叩いての基音と、音が拡散していく倍音の関係)それがごく自然に感じられるか人の声がごく自然に聴こえるかが基準となります。これをスピーカーから出そうとすると、どうしてもフルレンジか、能率の高いシンプルなネットワークで繋いだ2ウェイ、又は3ウェイで聞かないと私には解りません   これまでの経験で印象に強く残ったCDPは//ZIA FUSION//LINN CD-12//どちらも倍音の広がりがごく自然で、楽曲に寄り添うボーカルが変に浮き上がらずに、強調感も無く、SPから出てきます。 ■メンテの内容に付いては、写真の間の記載記事を一読下さい そしてSU-40Aに付いての、聴感での感想はボリュウムのガリも全く無い完全メンテ済みである事が条件です。少なくともオシロを持ち、真空管アンプに精通した方にメンテをして頂く事も条件です。 オーディオ的要素を強く感じますと音楽的要素の後退を感じ、音楽的要素を強く感じるとオーディオ的要素が失われて行きます。まるでシーソーバランスのようです。プリアンプで有名なマランツ7のオリジナルはこのシーソーバランスを水平に保ち音楽的にも、オーディオ的にも満足できる希有なアンプですが、50年以上の経年で初期性能を保っているのが何台残っているのかと思います。メーカーの回し者では在りませんが、EARの真空管プリを聴いた時、現代版のマランツ7を聴いたような感想を持ちました。Phonoも含めてです。この感想も比較論だと思います。 ■以上 云いたい放題でお気を悪くされた諸兄の方には深くお詫び致します。 下記サイト オーディオ評論家の、故.菅野沖彦氏が珍しく日本製のアンプをべた褒めしている記事がありました。このアンプがSU-40Aの後継のSU-50Aです。SU-40Aを作ったスタッフが、真空管をそのままトランジスタに置き換えて作った機種です。出品のSU-40Aと何処が違うかと申しますと、レスポンス(スピード)が真空管の方が回路をシンプルに出来る事もあり、聴感で聞き取れるほど鋭いです。(球ですから、増幅素子の違いで当たり前です。) http://audiosharing.com/review/?p=4839 ------------------------------------------------------ Technics 40A ¥65,000(1968年3月発売) 管球式のステレオパワーアンプ。 型番がEAA-2009、SU-2009、SU-40Aと3回変更されています。 ◎回路構成にはムラード形を用いており、初段に低雑音管6267、ドライバ段に低内部抵抗、高増幅率の12AT7を採用しています。 また、出力トランスにはカソード巻線付のものを採用しており、出力管に6dBのカソードNFをかけることで5極管の高出力と3極管の低内部抵抗の両立を図っています。 また、メインループのNFは20dBで、定格出力時の歪が0.1%以下に抑えられています。 ◎電流帰還と電圧帰還を組み合わせたブリッジに回路を採用しており、ゲインを変えずにダンピングファクターを+0.5~∞~-3まで連続的に可変することができます。 このダンピングファクター可変機能は、スイッチの切換えによって全帯域と500Hz以下の低音域の2段階が選択できます。 ◎フロントパネルの内部には、左右独立のレベルコントロールと低域カットフィルタ(15Hz以下、6dB/oct)、スピーカー位相切換えスイッチ、スピーカーインピーダンス切換えスイッチを搭載しています。 ■サイズ  W360xT150xD330mm ■重量   14.8kg サイズ以外の詳しい仕様は下記サイト オーディオの足跡様にて確認出来ます。 https://audio-heritage.jp/TECHNICS/amp/su-40a.html ------------------------------------------------ 下記サイト ハイファイ堂様の過去録です。 Technics SU-40A  過去録 ●ハイファイ音が好きな方はご入札ご遠慮下さい、この頃のアンプはすべからく、ハイファイ重視ではなく、レスポンス重視の傾向があり、高域がとか低域のレンジがとかの聞き方では、ナローレンジに聴こえると思いますし、能率の低いSPでは性能の保証は出来ません  音楽好きな方に使って頂きたいです。 ●ラックの中に押し込むのは駄目です。当たり前ですが、ディスクトップでお使い下さい(アイドリングでもバイアス電流を流す量が多く、天板からもかなりの熱が出ます。) 厳重に梱包して送らせて頂きます。 --------------------------------------------------- (2019年 7月 15日 5時 49分 追加) ----------------------------------------------- ■解説通りの動作確認品ですが、基本動作が出来ない以外での返品は出来ませんし、説明の有る無しに関わらず、撮影で見えない、見え難い所を含んで外観でのクレームは一切お受け出来ませんので神経質な方はご入札ご遠慮願います。(確認したい箇所はお聞き下さい、返事は必ず致します。判らなければ入札をご遠慮下さい、時折無責任な入札が見受けられますので、申し訳有りませんが注意喚起させて頂きます。) ■落札後24時間以内に、返信のご連絡お願い致します。連絡無き場合落札者都合で削除致します。(落札金額を確認するだけの、取引ナビに返事が全く無く、購入意思が無い入札は、ヤフーカスタマーにIDを報告させて頂きます。)決済手続きは落札後2日以内にお願い致します。(簡単手続き確認後12時間以内に発送致しますので、何卒ご協力願います。)遅れる場合は必ず取引ナビにてご連絡下さい  以上 御了承願います。 ●ご連絡がスムーズであれば、最速で火曜日の午前中にゆうパックにて発送させて頂きますので、地域にも依りますが、最速で水曜日中には受け取る事が出来ます。迅速な対応(初期不良等の対応は12時間以内)を心掛けておりますので、受け取り連絡を迅速にお願い致します。 ■<受け取り連絡>は到着後2日以内に(受け取り日を含んで)にお願い致します。■ ■以上 ご納得が行かない事が在りましたら、ご入札ご遠慮下さるようお願い致します。発送後は、送り状番号、着払い料金等ご連絡いたします。梱包には細心の心遣いで、充分な梱包を心がけておりますので、ご安心頂きますようお願い致します。 --------------------------------------------------
Please wait

Please wait...

Your Session is not Valid.

Please Login

{{var product.name}}